釧路とは・・・

釧路市(くしろし)は、北海道東部、太平洋沿岸にある市である。 釧路地方裁判所や北海道釧路総合振興局をはじめとした道東地方を管轄する国や道の出先機関のほか、日本銀行支店が設置され、道東の政治経済の中心として役割をもつ。市町村面積としては道内で第4位となっており、また市人口も道東では最大であり道内でも第4位であるが、1984年以降人口は減少に転じており、2014年(平成26年)4月1日には全域が過疎地域に指定されている。 国際バルク戦略港湾(穀物)に選定された釧路港を持ち、製紙工場や食料品工場、医薬品製造工場、発電所などを擁する臨海工業都市である。また、道東で唯一の定期国際便が就航する釧路空港と、釧路湿原国立公園及び阿寒国立公園の2つの国立公園を市域に有する。 地理 北海道の東部太平洋側、釧路総合振興局南部に位置する。 市内を釧路川、阿寒川が流れるほか、阿寒湖、春採湖(はるとりこ)がある。旧釧路市は平地に位置するため山はほとんどなかったが、合併により、白糠町を囲むような形で西側への飛び地ができ(合併経緯参照)、北西部に旧阿寒町の雄阿寒岳などの山岳地帯を含むようになった。 (Wikipedia:釧路市)

阿寒国立公園

  • Art of Mud
  • Art of Mud

阿寒国立公園とは・・・

阿寒国立公園(あかんこくりつこうえん)は北海道東部にある国立公園である。面積904.81 km2。地理的な特徴として火山と森と湖が豊富に存在する。 1934年12月4日に大雪山国立公園、日光国立公園、中部山岳国立公園、阿蘇国立公園(後の阿蘇くじゅう国立公園)とともに指定された、北海道で最も歴史のある国立公園である。湖は阿寒湖、屈斜路湖、摩周湖の3つの有名で大きな湖と、オンネトー、パンケトー、ペンケトーといった中小湖沼が指定地域に含まれる。阿寒湖はマリモの生息地、ヒメマスの原産地として有名である。 公園内に含まれるおもな火山は雄阿寒岳、雌阿寒岳、阿寒富士、藻琴山、摩周岳(カムイヌプリ)がある。雌阿寒岳は活火山であり、近年でも噴火を繰り返している。火山が豊富であるため指定域内に温泉が多い。阿寒湖温泉、川湯温泉、摩周温泉などは、それぞれ温泉街を形成し観光客を集めているほか、和琴温泉、雌阿寒温泉など、各地に温泉が湧出している。 公園内の大部分が針広混交林の天然林で覆われ、ヒグマ、エゾシカといった哺乳類、クマゲラ・シマフクロウなどの稀少鳥類も棲息する。 (Wikipedia:阿寒国立公園)

阿寒国立公園

ホテル.温泉.旅館を探してみよう

釧路・阿寒・根室・川湯のホテル・旅館・宿泊施設

旅館・国内ホテル予約!
人気の旅行先から週末気軽に行ける近場まで、激安プランのある温泉宿.おすすめの穴場宿.一人旅におすすめの温泉宿.旅館の宿泊をまとめて比較できるから安心!

お取り寄せグルメを楽しもう

秘密のケンミンショー紹介 細ちぢれ麺 珍しい塩味くしろラーメン
【商品名】釧路ラーメン 塩味 2食入
【内容量】240g(めん80g×2、スープ40g×2)
【原材料】[めん]小麦粉、卵白、小麦蛋白、食塩、かんすい、クチナシ色素、
[スープ]食塩、動物油脂、醤油、シジミエキス、発酵調味料、チキンエキス、砂糖、りんご酢、砂糖混合異性化液糖、ホタテエキス、昆布エキス、香辛料、調味料(アミノ酸)、酒精、増粘剤(グァーガム)(原材料の一部に小麦、かに、大豆、鶏肉、りんご、ゼラチンを含む)