松前とは・・・

松前町(まつまえちょう)は、北海道南部、渡島総合振興局管内にある町。 渡島半島南西部に位置する。かつて、松前藩の城下町として政治・経済・文化の中心地として栄えた街。北海道では唯一の城下町。松前のシンボル松前城と全国屈指の桜の名所としても有名。 地理 山:大千軒岳 岬:白神岬 (北海道最南端) 島:渡島小島、渡島大島 隣接している自治体 渡島総合振興局 松前郡:福島町 檜山振興局 檜山郡:上ノ国町 気候 北海道の最南端に位置し、対馬海流の影響を受けるため、北海道では一番温暖である。ケッペンの気候区分では本州と同じ温暖湿潤気候 (Cfa) に分類される。冬は北西からの風が強いが、雪はそれほど多くはない。夏も極端に暑くなることはなく、夏季の最高気温の平年値は札幌よりも低い。このような北海道でも特に温暖な気候であるため、孟宗竹や椿など暖地の植物も生育している。 中世 江戸時代 沿革 1900年7月1日 – 一級町村制施行により松前郡福山町が成立。 (Wikipedia:松前町 (北海道))

松前藩屋敷

  • 48
  • hakodate
  • 49

松前藩とは・・・

松前藩(まつまえはん)は、渡島国津軽郡(現在の北海道松前郡松前町)に居所を置いた藩である。藩主は江戸時代を通じて松前氏であった。後に城主となり同所に松前福山城を築く。居城の名から福山藩とも呼ばれる。慶応4年、居城を領内の檜山郡厚沢部町の館城に移し、明治期には館藩と称した。家格は外様大名の1万石格、幕末に3万石格となった。 江戸時代初期の領地は、現在の北海道南西部。渡島半島の和人地に限られた。残る北海道にあたる蝦夷地は日本の国外であったが、しだいに松前藩が支配を強めて藩領化した。藩と藩士の財政基盤は蝦夷地のアイヌとの交易独占にあり、農業を基盤にした幕藩体制の統治原則にあてはまらない例外的な存在であった。江戸時代後期からはしばしば幕府に蝦夷地支配をとりあげられた。 藩史 17世紀まで 松前藩の史書『新羅之記録』によると、始祖は室町時代の武田信広(甲斐源氏・若狭武田氏の子孫とされる)である。信広は安東政季より上国守護に任ぜられた蠣崎季繁の後継者となり蠣崎氏を名乗り、現在の渡島半島の南部に地位を築いたという。 (Wikipedia:松前藩)

松前

ホテル.温泉.旅館を探してみよう

函館・大沼・湯の川・松前のホテル・旅館・宿泊施設

旅館・国内ホテル予約!
人気の旅行先から週末気軽に行ける近場まで、激安プランのある温泉宿.おすすめの穴場宿.一人旅におすすめの温泉宿.旅館の宿泊をまとめて比較できるから安心!

お取り寄せグルメを楽しもう

北海松前漬 函館セット
●送料:1080円(冷凍便でのお届け、送料は別途頂きます) 海の幸を贅沢に! ●セット内容/黒醤油400g×2袋、白醤油400g×1袋、塩辛60g×1袋