カテゴリー: 九州

高千穂峡「パワースポットを巡る旅」

高千穂峡

パワースポットを巡る旅 神々の里・高千穂で神秘的な景色に出会う…神様が降り立ったと云われる地「高千穂」「神話の里」として知られ、いたる所にに神話の数々、パワースポットが影響する。 いじけて天岩戸に閉じ籠ってしまったアマテラスオオミカミを神々が踊りで外に誘いだしたという神話で名高い天岩戸神社、幻想的で神々しい絶景が見られる高千穂峡など…見どころは数多くあります。 神々が眠るパワースポットを推奨のモデルコースと共に一挙ご解説! 高千穂峡 高絶壁が7キロに渡る、国の名勝天然記念物に指定されている峡谷。 渓谷内には日

上色見熊野座神社「観光客が訪ねる穴場的神社」

上色見熊野座神社

参道には、100基近くの灯篭 上色見熊野座神社(かみしきみくまのざじんじゃ)は、南阿蘇エリアに位置する神社だそうです。 南阿蘇鉄道の終着駅、高森駅から車で10分ほどの所にあるこの神社は、観光客が訪ねる穴場的神社として流行のようです。 伊邪那岐命、伊邪那美命、石君大将軍を祀ります。 参道には、100基近くの灯篭が並び壮観です。 神殿後方の穿戸岩には、健磐竜命の従者鬼八法師が蹴破ったといわれる縦横10メートル以上の大風穴(穿戸岩(うげといわ))があります。 「穿戸岩」は巨大な岩山を大きな風穴が貫いている事から、ど

黒髪山「深い森に包まれた神秘的な渓谷」

黒髪山

黒髪山(くろかみざん)は、佐賀県武雄市と同県西松浦郡有田町の市町境にある標高516mの山である。 新日本百名山及び九州百名山の一つ。 伊万里市・武雄市・西松浦郡有田町の市町境に連なる黒髪山地の中にあり、同山地の主峰とされる。 山容は浸食が進んでおり切り立った岩礁群となっている。 いたる所に奇岩、巨岩がそびえる特異な景観をしている。 古来、山伏たちが修行した霊山で聖地であったため、人に荒らされず石仏やお寺や仏像が昔のまま残っている。 乳待坊展望台から見る雄岩・雌岩の巨大さや、山伏が彫ったといわれている高さ7mもある太鼓岩不動尊。 山頂近くにある天童岩など見所は多々ある。

宮地獄神社「カメラマンでいっぱい」

宮地獄神社

大望の文化の国につながる、「光の道」 ガイドブックなどで解説されているのを参照になった方もあるではないでしょうか。 宮地嶽神社には日本一が三つもあるのです。 それは、大注連縄に、大鈴、他にも国産の具材で作られている大太鼓です。 三つも日本一を持っているというだけでも稀有(けう)な影響なのですが、この神社のチャームポイントはそれだけではないのです。 ここは、一段とさらに前のご時世からの輝く歩みを持ったパワースポットなのです。 神社から海へとまっすぐに続く参道。 そこでは、10月と2月のわずかの期間だけその真正面に太陽が沈むのです。 それが、あの「光の道」。 ですから、この期間になると神社はその様子を写真におさめよう