鳳凰山

  • 19081718
  • 20190817
  •  3

鳳凰山とは・・・

鳳凰山(ほうおうざん)は山梨県の南アルプス北東部にある3つの山の総称である。後述の通り、鳳凰山とはどの山を指すのか歴史的には諸説あったため、地蔵岳・観音岳・薬師岳の3山の総称として特に鳳凰三山とも呼ばれる。南アルプス国立公園内にあり、日本百名山、新日本百名山、新・花の百名山および山梨百名山に選定されている。 鳳凰三山を構成する山は、地蔵岳、観音岳、薬師岳である。地蔵岳の西に赤抜沢ノ頭、薬師岳の南に砂払岳の小ピークがある。地蔵岳と赤抜沢ノ頭との鞍部は「賽ノ河原」と呼ばれ多くの小仏石が安置されている。 鳳凰山は南アルプスの主脈からは離れており、山がある支脈は甲斐駒ヶ岳から始まり、アサヨ峰、高嶺、鳳凰山へと続いている。鳳凰山の山頂部は3山とも森林限界上のため眺めがよく、天気が良ければ、北岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳、富士山などが眺められる。鳳凰山の東に視界を遮る山はなく甲府盆地が広がっているため、非常に開放感の高い山である。茶色っぽい山が多い南アルプスの中で、甲斐駒ヶ岳とともに例外的に花崗岩の白い山肌となっている。 (Wikipedia:鳳凰三山)

南アルプスで一番大好きな山であり、いつも夜叉神峠からピストンで登っています。いつも南御室小屋で一泊し、夜中に出発して山頂で御来光を見るスケジュールです。
3000m級の山としては比較的なだらかなコースであり、途中に水場もあるので安心です。南御室小屋で汲んだ水はめちゃくちゃ美味しく、これで淹れるコーヒーは絶品です。
何といっても山頂の景色が最高です。富士山が物凄く近く見えます。北岳も何度か登りましたが、景色の良さやコースの安心感は鳳凰三山の方が上だと感じています。
年に1回は登りたいです。

https://www.google.com/search?q=%E9%B3%B3%E5%87%B0%E5%B1%B1&client=firefox-b-d&source=lnms&sa=X&ved=0ahUKEwiPp9LkncniAhWXMd4KHT98B6w4FBD8BQgJKAA&biw=1366&bih=630&dpr=1#lrd=0x601c71769b6914c5:0x7c9753a89c7cd936,1,,,

地蔵岳・観音岳・薬師岳の三山を総称して鳳凰三山と呼ばれます。 青木鉱泉からのドンドコ沢コースがメインルートの一つですが、こちらのコースは急登が続くきついコースでした。 しかし山頂からは雄大な南アルプスの景色が見られ感動です。

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1021443-d15246031-Reviews-Mt_Hoo-Nirasaki_Yamanashi_Prefecture_Koshinetsu_Chubu.html

南アルプスで登山を楽しむとして、比較的初心者向きながら眺望や山頂の景色のよさを考慮するなら鳳凰三山(薬師岳、観音岳、地蔵岳の3つのピークで構成)は外せない。
巨石と白い砂の山頂は独特の風景で、他ではなかなか見られない。山頂からの風景も、富士山はもちろん近くに南アルプスの主要な峰々、遠くに八ヶ岳など見渡せる。
森深い樹林帯には高山植物が多く見られ、花を見ながら歩くのも楽しい。
山小屋も山頂から1時間以内の距離に3つあり、水場も比較的多いので便利がよい。
もちろん、登山口からは5時間以上の登りに耐えねばならないし、下山もコースによっては岩の多い急な坂を行かねばならないので楽ではない。ハイキング気分では登れない山であることは忘れずに。

https://4travel.jp/domestic/area/koushinetsu/yamanashi/nirasaki/nirasaki/nature/10603859-tips/

鳳凰山

ホテル・温泉・旅館を探してみよう

甲府・昇仙峡のホテル・旅館・宿泊施設

旅館・国内ホテル予約!
人気の旅行先から週末気軽に行ける近場まで、激安プランのある温泉宿.おすすめの穴場宿.一人旅におすすめの温泉宿.旅館の宿泊をまとめて比較できるから安心!