久能山東照宮

  •  30

久能山東照宮 とは・・・

久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)は、日本の静岡市駿河区根古屋に所在する神社である。 晩年を駿府で過ごした徳川家康が元和2年(1616年)に死去した後、遺命によってこの地に埋葬された。 江戸時代には20年に一度、明治時代以降では50年に一度、社殿を始めとした諸建造物の漆塗り替えが行われており、近年では2006年(平成18年)に社殿の塗り替えが完了した。 2010年(平成22年)12月に、本殿、石の間、拝殿が国宝に指定された。2015年(平成27年)には鎮座400年を迎えるため、様々な催し物が企画、開催されている。 ※新暦導入以前(1872年以前)の日付は和暦による旧暦を主とし、丸括弧内に西暦(1581年以前はユリウス暦、1582年以降はグレゴリオ暦)を添える。同年4月(4月)は旧暦4月(新暦4月)、同年4月(4月か5月)は旧暦4月(新暦では5月の可能性もあり)の意。 久能山(標高216m)は、もともと日本平と共に、太古、海底の隆起によって形成されたもので、長い年月の間に浸食作用などのために硬い部分のみが残り、現在のように孤立した山となった。 (Wikipedia:久能山東照宮)

久能山東照宮

久能山東照宮の情報

  • 天下泰平の竹あかり」国宝・久能山東照宮 夜間特別拝観
  • 7月より久能山東照宮境内に於いて防災工事が行われます。工事期間中は参道が一部狭くなる場合もあり、ご迷惑をおかけ致します
  • 日本三大東照宮
  • 日本一のパワースポット静岡の「久能山
  • 徳川将軍15代の甲冑が勢ぞろい 久能山東照宮
  • 久能いちご街道という道がある
  • 石垣イチゴは静岡の名産
  • 参道は1159段の長い階段で少し大変!ロープウェイがおすすめ
  • 社殿は国宝指定されています
  • お参りすると確実に運気上昇!