水戸市

水戸市(みとし)は、茨城県の中部に位置する県庁所在地で、特例市である。 水戸徳川家所縁の地として、水戸黄門(徳川光圀)や梅の名園「偕楽園」で知られ、毎年2月には水戸の梅まつりが、8月には水戸黄門まつり、9月には水戸萩まつりが開催される。また明治時代以降は納豆の生産が盛んになり、「水戸納豆」として親しまれ、納豆にちなんだ料理やお土産の販売、納豆早食い世界大会も開かれている。 中心部を含む市域の大部分は旧茨城郡(1878年より東茨城郡)であり、茨城県の名称は県庁が茨城郡水戸に置かれたことに由来する。市域の一部に旧那珂郡域を含む。 水戸都市圏(都市雇用圏)の人口は約66万人(2000年)。前市長の加藤浩一は、隣接市町村との合併で政令指定都市を目指し、市の広報などでその構想を発表している。 地勢 茨城県の中部に位置し、関東平野に属する 地形 市内には那珂川が流れ、那珂川周辺部は低地だがそれ以外は概ね台地である。 (Wikipedia:水戸市)

国営ひたち海浜公園

  • Una foto d
  • RETRIP

国営ひたち海浜公園(こくえいひたちかいひんこうえん)は、茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園である。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」では利用が制限される。 この地域は1938年に水戸陸軍飛行学校、陸軍水戸飛行場(前渡飛行場)が建設され、第二次世界大戦後の1946年6月にはアメリカ軍水戸射爆撃場として利用されていた。その広大な跡地は1973年3月15日に日本政府に返還され「首都圏整備計画」の一環として整備されたものである。 1979年に事業着手、1984年に工事が開始され、1991年に約70haが開業した。その後、何度も拡張を繰り返し、今に至る。 公園の総面積は350haに及んでいる。この面積は東京ディズニーランドの5倍程度の面積にあたるが、実際に公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)で、全体の約55%にとどまっている(2012年5月現在)。 (Wikipedia:国営ひたち海浜公園)


大洗・ひたちなかのホテル・旅館・宿泊施設

旅館・国内ホテル予約!
人気の旅行先から週末気軽に行ける近場まで、激安プランのある温泉宿.おすすめの穴場宿.一人旅におすすめの温泉宿.旅館の宿泊をまとめて比較できるから安心!