大洗

大洗町(おおあらいまち)は、茨城県の県央地域の東部で、太平洋岸に位置する東茨城郡の自治体である。アクアワールド・大洗(旧・大洗水族館)、大洗磯前神社、茨城港大洗港区(旧・大洗港) – 苫小牧港間のフェリーや海水浴場、リゾートアウトレット等で知られている。また、東海村と並んで多くの原子力の関連施設が存在する。近年ではアニメの『ガールズ&パンツァー』の舞台になった場所ということで、毎年多くのファンが集い町おこしも盛んである。 地理 河川:那珂川 河川:涸沼川(ひぬまがわ) – 涸沼とともにヤマトシジミ漁で有名。 湖沼:涸沼 – シジミの産地として有名。海水と淡水が交じり合う汽水湖で、釣魚の種類が日本でもっとも豊富な湖沼として知られる。ニシンの太平洋側の生息南限地。 海浜:大洗海岸 – 暖流と寒流のぶつかり合う海の潮目で、生息する海藻の種類が日本で最も多い海岸。 隣接している自治体 水戸市 ひたちなか市 鉾田市 東茨城郡茨城町 沿革 1889年(明治22年)4月1日 – 町村制施行により、磯浜町・大貫村・夏海村がそれぞれ発足。 (Wikipedia:大洗)

アクアワールド・大洗

  • at

アクアワールド・大洗(アクアワールド・おおあらい, aquaworld-oarai)は、茨城県東茨城郡大洗町にある太平洋に面した茨城県最大、全国でもトップクラスの大型水族館。約165億円(うち建設費150億円)をかけ従来の大洗水族館から大規模なリニューアルを行い、博物館や科学館的な展示手法を採り入れた海の総合ミュージアムとして2002年3月にオープンした。事業所名は「アクアワールド茨城県大洗水族館」。財団法人いばらき文化振興財団が経営。 延床面積約19,800平方メートル、鉄筋コンクリート造5階建(一部7階建)。展示水槽水量は約4,100トン(総水量:約5,100トン)。60の展示水槽には大洗沖の身近な魚貝類から世界中の海の生物まで、約580種、68,000点の展示生物を擁する。特にシンボルマークである「サメ」の飼育に力を入れており、種類数は52種(平成21年4月現在)で日本一。他に日本一の大きさであるマンボウ専用水槽(270トン 平成21年4月現在 個体数8尾)や世界最大級のマンボウ剥製(全長3メートル)、世界最大のウバザメ剥製、水族館最大規模のキッズコーナーなどが有る。 (Wikipedia:アクアワールド・大洗)


大洗・ひたちなかのホテル・旅館・宿泊施設

旅館・国内ホテル予約!
人気の旅行先から週末気軽に行ける近場まで、激安プランのある温泉宿.おすすめの穴場宿.一人旅におすすめの温泉宿.旅館の宿泊をまとめて比較できるから安心!