横浜中華街

  • 2019819
  • 2019819

横浜中華街とは・・・

横浜中華街(よこはまちゅうかがい)は、神奈川県横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウン(中華街)である。1955年以前は唐人町や南京町と呼ばれていた。華僑の出身地は広東省が比較的多いが、中国各地に分散している。上海路、中山路、福建路など、地名を冠した路地が交差しており、各路地には、当該地の出身者が多い。所在地である中区の中国人人口は6000人を超える。これは同区で登録されている外国人の約4割にあたる。 約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっている。1866年(慶応2年)の横浜新田慰留地から数えると150年弱の歴史をもつことになる。日本では、神戸南京町や長崎新地中華街とともに「三大中華街」とされる。 起源 1859年(安政6年)、横浜が開港すると外国人居留地(一種の租界)が造成され、欧米人とともに多数の中国人買弁(中国人商人や取引仲介者)や外国人外交官の雇い人が来住した。 (Wikipedia:横浜中華街)

横浜中華街

ホテル・温泉・旅館を探してみよう


横浜・新横浜・関内のホテル・旅館・宿泊施設

旅館・国内ホテル予約!
人気の旅行先から週末気軽に行ける近場まで、激安プランのある温泉宿.おすすめの穴場宿.一人旅におすすめの温泉宿.旅館の宿泊をまとめて比較できるから安心!

お取り寄せグルメで楽しもう


神奈川土産 横浜中華街 開華楼 百年シュウマイ
真空パックのシュウマイ、横浜中華街の味をご自宅へ。横浜中華街の老舗「安楽園」のオーナー羅家に伝わるレシピを元に人気メニューを再現。 タマネギを多く使った、昔ながらの甘めのシュウマイです。横浜博覧館の開華楼は、できたてをその場で食べたり、持ち帰り用のおみやげにしたり、どちらも楽しめる本格中華の専門店。